CDレビューマラソン~家にあるCDを全部批評

家にあるCDをジャンルを超えて片っ端から独断と偏見でレビューするブログ。 J-POPからR&B、ロック、ヘビーメタルまで約2,000枚。毎日書いても4~5年かかる!?

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CD 107枚目】 TRICKY SISTERS MAGIC BURGER / 鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHES




【タイトル】TRICKY SISTERS MAGIC BURGER/鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHES

ネットで予約をして、発売日にこのニューアルバムが届いた。
便利な世の中になったものだと思う。

名義は『鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHES』となっているが、実質的に
鬼束ちひろの7枚目のオリジナルアルバムということになるのだと思う。

このアルバムを聴く前、私の中にはひとつの懸念があった。
このアルバムタイトルとバンド名から、もしかするとこれまでの作品とは
全く異なる安っぽいロックアルバムになってはいないかということだ。

私は色んなジャンルの音楽を聴く。ハードロックからクラシックロック、ポップス、
J-POP。クラシックだって聴く。とにかくいい音楽ならジャンルを問わずに聴く。
安っぽいロックだって時には聴いている。

でも、私が鬼束ちひろに求めるものはそんなものではない。

そして緊張の1曲目。BILLYS SANDWITCHESのテーマ。
懸念していた雰囲気。このままアルバム1枚終わってしまうとかなりきつい。

2曲目のROAD OF HONESTYはアルバム『Las Vegas』に収録されている
ような雰囲気を持った曲。ひとまず、イントロの軽い感じのままアルバムが
進行しないことに安堵する。

3曲目のレディー・タイム・マシン・ブルースで再び軽い感じに変わるが、
4曲目のDreamer Sonic以降の中盤は再び鬼束ちひろらしい曲に戻り、
全般を通すと、充分に納得のいく内容だと思う

個人的な好みを言うと、BILLYS SANDWITCHESのテーマ、レディー・タイム・
マシン・ブルース、あなたとSciencEの3曲のような曲は、わざわざ鬼束ちひろが
歌う必要がないと思う。

まぁ、ただそれは単なる私の好みの問題で、鬼束ちひろがそういう曲を
やりたいのであれば仕方ないし、またそういう曲を求めているファンも
いるのかもしれないので、否定する気はない。

逆に、このアルバムを3回通して聴いた段階での一推しは、
I’m with your shadow。是非ともライブで聴いてみたいいい曲だと思う。




他にも最後のThe end of the flame of my eyesも、ピアノがとても
美しいいい曲だと思う。ただ、これも個人的な感想を言うと、
英語で歌う必要はないと思う。本気で英語のトレーニングをして
英語圏進出を目指すというのも、鬼束ちひろほどの実力があれば
ありだとは思うが、あの宇多田ヒカルでさえ、米国デビューとなる
アルバムを録音した時には英語の発音の矯正でかなり苦労したという
話があるほど、簡単なことではない。


最後に、これは鬼束ちひろのスタジオ録音のアルバム全てに
言えることだが、彼女の魅力であるライブの素晴らしさは
残念ながら伝わらない。

Infectionやeveryhomeなどのこれまでの名曲はスタジオ録音でも
その素晴らしさは分かるが、ライブでの凄まじい迫力を知ってしまうと
物足りなさを感じる。

このアルバムでも同じことが言えるのだと思う。

このアルバムの中には、ライブで聴いた方が、絶対に
良さそうな曲がたくさんある。おそらくは、これからライブで
演奏され、スタジオ録音の何倍もの魅力を発揮するのだろう。


ひとまず、期待は裏切られずに済んだ。

しばらくはこのアルバムが我が家のヘビーローテーションと
なるだろう。

【収録曲】
1. BILLYS SANDWITCHESのテーマ
2. ROAD OF HONESTY
3. レディー・タイム・マシン・ブルース
4. Dreamer Sonic
5. I’m with your shadow
6. Your Quiet Fantasia
7. MAD MAN
8. PSYCHO LADY’S RAIN
9. 祈りが言葉に変わる頃 (NAIL SCRATCH VERSION)
10. あなたとSciencE
11. The Way To Your Heartbeat
12. The end of the flame of my eyes










ブックオフオンライン
スポンサーサイト

| 鬼束ちひろ | 14:09 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【CD 106枚目】 Mdna / Madonna




【タイトル】Mdna / Madonna

久しぶりにBookoffに行って、私が持っていないマドンナのCDが
安く売られているのを見つけて、思わず購入してしまった。

私はマドンナは好きだが、新譜を常に追いかけるほどの
ファンでもない。なので、このアルバムがいつ発売されたものかも
知らなかった。

そこで、改めて、マドンナのDiscographyを調べてみると、
これは2012年に発表された最新作であることが分かると同時に、
私はマドンナのアルバムを全て持っていることに気付き、
我ながら驚いた。

そして、このアルバムを聴いた感想だが、まず第一印象は
何も変わっていないということ。特に目新しさもないまま
あっという間に聴き終わってしまった。

でも、良く考えてみると、マドンナに今更、変化など必要ないのでは
ないか。新鋭の今一つ冴えないアーティストならともかく、ここまで来て
しまったマドンナはマドンナらしい王道を行けばいいのだと思う。

そう思い直して聴いてみると、1曲目のGirl Gone Wildからずっと
マドンナらしい曲のオンパレード。

そう、マドンナはこれでいいのだと思う。

これから初めてマドンナを聴いてみようという人にはTrue Blue
Like a prayernなどの絶頂期の作品をお勧めするが、私同様に
これまでの作品を聴いてきたファンなら持っていて損のない
一枚だと思う。

マドンナ健在。

きっと、また次作も購入することになるだろう。

【収録曲】
1. Girl Gone Wild
2. I'm Addicted
3. Turn Up The Radio
4. Give Me All Your Luvin'
5. Some Girls
6. Superstar
7. I Don't Give A
8. I'm A Sinner
9. Love Spent
10. Masterpiece
11. Falling Free




ブックオフオンライン

| Madonna | 23:08 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【DVD 9枚目】 グレイテスト・ヒッツ / アラベスク




【タイトル】アラベスク・グレイテスト・ヒッツ [DVD]

アラベスクが流行っていた当時、私はまだ中学生でディスコに行けるような
年齢ではなかった。

にも関わらず、このPOPでキャッチーなメロディに魅了され、アバと並んで
私はアラベスクが大好きだった。

MTVやYOUTUBEで好きなように外国人アーティストを見ることができる
現代とは違い、当時はこういった外国人アーティストが動いている映像を
見ることは非常に稀だった。

かろうじてアバは日本のザ・ベストテンに出演した時に見た覚えがあるものの、
動くアラベスクを見たのはもしかすると、このDVDが初めてかもしれない。

当時、アラベスクを聴いていたファンにとってはこのDVDはまさにお宝映像。

LPレコードのジャケット写真から想像するしかなかったサンドラ、ミッシェーラ、
ジャスミンがここでは元気に歌い踊っている。

当時、まだろくに英語も理解できなかったのに、歌詞カードを見ながら
自然と歌詞を覚え、口ずさんでいたのを覚えているが、それから30年という
月日が流れた今でも、このDVDを見ると、ほとんど歌詞を覚えている自分に
驚いた。

これから初めて聴く人にもお勧めというアーティストではないが、
当時アラベスクのレコードを聴いていたファンにはとても懐かしい
お宝DVDだと思う。


【収録曲】
1. オープニング~ハロー・ミスター・モンキー
2. フライ・ハイ
3. ローラー・スター
4. 幸せのジャックポット
5. 哀愁のマリゴット
6. ビリーズ・バーベキュー
7. ペパーミント・ジャック
8. 恋にメリーゴーランド
9. 愛はゆれて
10. 恋のペントハウス
11. 今夜もロック・ミー
12. ミッドナイト・ダンサー
13. 愛のゲーム
14. フライデイ・ナイト
15. さわやかメイク・ラヴ
16. ハイ・ライフ
17. エンディング~ハロー・ミスター・モンキー




ブックオフオンライン

| アラベスク (DVD) | 09:33 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【DVD 8枚目】 ULTIMATE CRASH ’02 LIVE AT BUDOKAN / 鬼束ちひろ



【タイトル】ULTIMATE CRASH ’02 LIVE AT BUDOKAN / 鬼束ちひろ

10年前のライブのレビューをなぜに今更的な感は否めないが、
やはりこの名作のレビューは書かずにいられない。

最近、メイクや言動ばかりが話題になる鬼束ちひろだが、
やはり彼女の音楽的なクオリティの高さは無視できない。

最近の鬼束ちひろの代表作が『NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS』で
あるのに対し、この Ultimate Crash '02は間違いなく、初期の代表作だろう。

NINE DIRTSの彼女のパフォーマンスが大人になり完成された姿だとすると、
Ultimate Crashの頃の彼女はまだまだ初々しく、粗削りな感はあるが、
どちらがインパクトがあるかというと、このUltimate Crashの方だろう。

私自身が鬼束ちひろの魅力に気付いたのもこの時のライブ映像がきっかけだ。

アルバムはすでに持っていたものの、スタジオアルバムとは全く異なる
迫力のあるステージ上の鬼束ちひろに鳥肌が立ったのを今でも良く覚えている。

鬼束ちひろの本当の魅力はライブにある。
そのライブの凄さはこのDVDを一枚観るだけでも充分に分かると思う。
まだスタジオアルバムしか聴いたことがないという人は是非この
ライブを観てみてほしい。

ステージの上の鬼束ちひろの姿は神がかっているとしかいいようがない。

裸足で踊り、腰をかがめて、魂の声を絞り出す鬼束ちひろには
まさに神が降りているようだ。


最近の鬼束ちひろしか知らない人も、この頃のライブは是非観てほしい。

鬼束ちひろの魂の叫びに圧倒され、大きな衝撃として心に刻まれるに違いない。


【収録曲】
1. Introduction
2. NOT YOUR GOD
3. Cage
4. infection
5. 漂流の羽根
6. 眩暈
7. interlude
8. Tiger in my Love
9. イノセンス
10. edge
11. シャイン
12. BORDERLINE
13. 守ってあげたい
14. 声
15. King of Solitude
16. 月光
17. Castle・imitation


ブックオフオンライン

| 鬼束ちひろ(DVD) | 19:45 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【DVD 7枚目】 HOTEL MURDERESS OF ARIZONA MY GUN / 鬼束ちひろ




【タイトル】HOTEL MURDERESS OF ARIZONA MY GUN / 鬼束ちひろ

鬼束ちひろ CONCERT TOUR 2011"HOTEL MURDERESS OF ARIZONA
ACOUSTIC SHOW
"の名古屋公演と神戸公演を実際に見てきた私にとって、
このDVDに収録されている東京公演を見るのは初めて。

結論から言うと、個人的な感想としてのコンサートの出来は神戸が1番、
この東京が2番、久々のコンサートとなった名古屋が3番といったところだと思う。

ツアー終了後からネット上で色々と言われているとおり、このコンサートには
賛否両論があった。

良くなかったという意見の多くは『歌詞を間違えた』とか『以前ほどの歌唱力がなくなった』と
いった類のものだが、歌唱力云々はともかく、歌詞を間違えたということははっきり言って、
鬼束ちひろのコンサートに限ってはどうでもいいことだと思う。

このDVDを見ても、確かに彼女は何度も歌詞を間違えているし、名古屋公演でも
同様な場面は何度もあった。MCにしても、おおよそプロとは思えない適当なものだ。

しかし、会場に足を運んだ多くのファンは幼稚園の発表会のように
『歌詞を間違えずに良くできました』的なまとまりの良さを求めているのではないし、
中途半端なMCなんてどうでもいいと思っているはずだ。

会場にいると感じることができるが、鬼束ちひろのコンサートに来ている人のほとんどは
真剣に彼女の歌を聴き、生鬼の迫力を体験しに来ているし、鬼束ちひろが他の
アーティストとは一線を画するアーティストであることを良く知っている。

鬼束ちひろの代わりは誰にもできないことも良く知っている。

もちろん、そうではなくただの一アーティストのコンサートとして足を運んだ人は
歌詞を間違えるなんて、プロじゃないと短絡的な感想をもって批判する。

逆に私の場合は、鬼束ちひろの凄さ、素晴らしさを強く感じているので、
私の感想はかなりのひいき目が入っていることは否めないと思うが、
1アーティストの1回のツアーの出来について、賛否両論あるとはいえ、
これほどまでに議論されるというのは他のアーティストではまず聞いたことがない。

それだけ、鬼束ちひろのコンサートには高いクォリティが求められているということだ。

このブログでも以前に取り上げたNine dirts and snow white flickersを初めとして
これまでのコンサートの内容があまりにも素晴らしかったので、期待が高まるのは
仕方がない。

このコンサートツアーが発表された当初、HOTEL MURDERESS OF ARIZONA SHOW
というタイトルと最近の彼女を象徴する奇抜な衣装のパンフで、もしかしたら中途半端な
ロックショーをやるつもりなのかと心配した。もしかするとそのあたりがチケットの
売れ行きにも影響していることに主催者側が気付いたのか、途中からツアーのタイトルが
HOTEL MURDERESS OF ARIZONA ACOUSTIC SHOWとACOUSTICという単語が追加された。

結果としてコンサートは鬼束ちひろとピアノの坂本昌之氏のみの2人だけだった。

私はシンガーでもなんでもないので詳しいことは分からないが、ギターやドラム、
キーボードといった楽器なしにピアノだけで1時間半ものコンサートを歌いきると
いうのは、シンガーとしてとても勇気のいることではないかと思う。

全く誤魔化しが効かないからだ。

正直なところ、今回のコンサートの出来はNine dirts and snow white flickersには
及ばないが、1アーティストのコンサートとしては、歌詞を間違えたりということは
あったにせよ、批判されるような内容のものではない。

もし、まだ鬼束ちひろのライブ映像を見たことがなければ、Nine dirts and snow
white flickers
を先に見ることをお勧めするが、決してこのDVDが良くないというわけではない。

さて、前置きが長くなってしまったが、内容としては、どういうわけかコンサートで
歌われたはずの月光が収録されていない。

私の中では、神戸公演での月光がここ近年の月光の中では最高の出来だったので、
東京公演のパフォーマンス自体に問題があったか、もしくは録音が上手く
いかなかったのか分からないがとても残念だ。

あと、これも全く私の個人的な意見だが、アンコールまでに『月光』『蛍』
『私とワルツを』『everyhome』などを早々と歌ってしまったので、アンコールには
何を歌うのだろうと思っていたところ、『NEW AGE STRANGER』で始まったので、
少し違和感を覚えた。

全体の雰囲気とは会わず、浮いた印象があったからだ。アンコールで雰囲気を変えるために
それまでとは違う2曲を持ってきたのかもしれないが、個人的にはそのままの流れのまま
終わってほしかった気がする。

とにかく、賛否両論があることは理解できるが、ファンなら観てみる価値は充分にあると思う。

これをひとつのステップとして、鬼束ちひろには今後もずっと歌い続けてほしい。
鬼束ちひろに代われるアーティストは他にいないのだから。


【収録曲】
1. Sweet Rosemary
2. 青い鳥
3. everyhome
4. 琥珀の雪
5. Time After Time
6. The Rose
7. 蛍
8. 嵐ヶ丘
9. EVER AFTER
10. 私とワルツを
11. ストーリーテラー
12. NEW AGE STRANGER
13. Beautiful Fighter


ブックオフオンライン

| 鬼束ちひろ(DVD) | 20:40 | コメントはこちらから:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:CD SEO対策:DVD SEO対策:レビュー SEO対策:評価 SEO対策:メタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。