CDレビューマラソン~家にあるCDを全部批評

家にあるCDをジャンルを超えて片っ端から独断と偏見でレビューするブログ。 J-POPからR&B、ロック、ヘビーメタルまで約2,000枚。毎日書いても4~5年かかる!?

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CD 106枚目】 Mdna / Madonna




【タイトル】Mdna / Madonna

久しぶりにBookoffに行って、私が持っていないマドンナのCDが
安く売られているのを見つけて、思わず購入してしまった。

私はマドンナは好きだが、新譜を常に追いかけるほどの
ファンでもない。なので、このアルバムがいつ発売されたものかも
知らなかった。

そこで、改めて、マドンナのDiscographyを調べてみると、
これは2012年に発表された最新作であることが分かると同時に、
私はマドンナのアルバムを全て持っていることに気付き、
我ながら驚いた。

そして、このアルバムを聴いた感想だが、まず第一印象は
何も変わっていないということ。特に目新しさもないまま
あっという間に聴き終わってしまった。

でも、良く考えてみると、マドンナに今更、変化など必要ないのでは
ないか。新鋭の今一つ冴えないアーティストならともかく、ここまで来て
しまったマドンナはマドンナらしい王道を行けばいいのだと思う。

そう思い直して聴いてみると、1曲目のGirl Gone Wildからずっと
マドンナらしい曲のオンパレード。

そう、マドンナはこれでいいのだと思う。

これから初めてマドンナを聴いてみようという人にはTrue Blue
Like a prayernなどの絶頂期の作品をお勧めするが、私同様に
これまでの作品を聴いてきたファンなら持っていて損のない
一枚だと思う。

マドンナ健在。

きっと、また次作も購入することになるだろう。

【収録曲】
1. Girl Gone Wild
2. I'm Addicted
3. Turn Up The Radio
4. Give Me All Your Luvin'
5. Some Girls
6. Superstar
7. I Don't Give A
8. I'm A Sinner
9. Love Spent
10. Masterpiece
11. Falling Free




ブックオフオンライン
スポンサーサイト

| Madonna | 23:08 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【CD 105枚目】Black in Mind / Rage



【タイトル】Black in Mind / Rage

このアルバムを聴くまでの私のRageのイメージはジャーマンメタルのベテランバンド、
可もなくなく不可もなく、好きな系統の曲なんだけど、どこかインパクトに欠けるバンドだと
思っていた。

しかし、1995年発売のRage中期のこのアルバムを聴いて、Rageの印象は全く変わってしまった。

かっこいい。かっこよすぎる。

これぞジャーマンメタル。
何も理屈はいらない。

適度なへヴィーさと疾走感。
それでいてメロディアスでキャッチーな曲作り。

Rageを聴いたことが無い、あるいはRageはあと一歩と思っている人には
是非聴いてもらいたい。

このアルバムが好きでないなら、おそらく他のアルバムを聴いても
ダメな気がする。


【収録曲】
1. Black In Mind
2. Crawling Chaos
3. Alive But Dead
4. Sent By The Devil
5. Shadow Out Of Time
6. A Spider's Web
7. In A Nameless Time
8. Icecold Hand Of Destiny
9. Forever
10. Until I Die
11. My Rage
12. Price Of War
13. Start!
14. All This Time




ブックオフオンライン

| Rage | 17:06 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【DVD 9枚目】 グレイテスト・ヒッツ / アラベスク




【タイトル】アラベスク・グレイテスト・ヒッツ [DVD]

アラベスクが流行っていた当時、私はまだ中学生でディスコに行けるような
年齢ではなかった。

にも関わらず、このPOPでキャッチーなメロディに魅了され、アバと並んで
私はアラベスクが大好きだった。

MTVやYOUTUBEで好きなように外国人アーティストを見ることができる
現代とは違い、当時はこういった外国人アーティストが動いている映像を
見ることは非常に稀だった。

かろうじてアバは日本のザ・ベストテンに出演した時に見た覚えがあるものの、
動くアラベスクを見たのはもしかすると、このDVDが初めてかもしれない。

当時、アラベスクを聴いていたファンにとってはこのDVDはまさにお宝映像。

LPレコードのジャケット写真から想像するしかなかったサンドラ、ミッシェーラ、
ジャスミンがここでは元気に歌い踊っている。

当時、まだろくに英語も理解できなかったのに、歌詞カードを見ながら
自然と歌詞を覚え、口ずさんでいたのを覚えているが、それから30年という
月日が流れた今でも、このDVDを見ると、ほとんど歌詞を覚えている自分に
驚いた。

これから初めて聴く人にもお勧めというアーティストではないが、
当時アラベスクのレコードを聴いていたファンにはとても懐かしい
お宝DVDだと思う。


【収録曲】
1. オープニング~ハロー・ミスター・モンキー
2. フライ・ハイ
3. ローラー・スター
4. 幸せのジャックポット
5. 哀愁のマリゴット
6. ビリーズ・バーベキュー
7. ペパーミント・ジャック
8. 恋にメリーゴーランド
9. 愛はゆれて
10. 恋のペントハウス
11. 今夜もロック・ミー
12. ミッドナイト・ダンサー
13. 愛のゲーム
14. フライデイ・ナイト
15. さわやかメイク・ラヴ
16. ハイ・ライフ
17. エンディング~ハロー・ミスター・モンキー




ブックオフオンライン

| アラベスク (DVD) | 09:33 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【CD 104枚目】 Stars-Best of 1992-02/The Cranberries

【タイトル】Stars-Best of 1992-02 / The Cranberries

【邦題】 スターズ:ザ・ベスト・オブ・クランベリーズ

Cranberries


先日タイを訪れた際にチェンマイのナイトマーケットで、迷彩服を着た軍のバンドが
バンコク洪水のチャリティイベントをやっていて、CranberriesのZombieを演奏していた。

この時の女性ヴォーカルがなかなか良くて、聴き入ってしまったが、その後も
別の街のバーで違うバンドがこの曲を演奏しているのを聴いて、ますます
印象に残った。

この曲はそれまで私の中ではそれほど意識していた曲ではなかったが、
それ以来、私のタイの思い出と深く結びつく曲となり、今でも時々、頭の中を
駆け巡っていたりする。

そんなCranberriesを私が最初に知ったのは、友達に一度に10枚ほど借りたCDの中に
あったこのアルバムを聴いてから。

それまでCranberriesの名前すら知らなかったが、なかなかいい曲が揃っていて、
借りた中でもCranberriesは印象に残るアーティストとなった。

もしまだCranberriesを聴いたことがなくても、PretendersやBrondieといった
女性ヴォーカルのバンドが好きな人なら、気に入る人も多いのではないだろうか。

私も気が付けばオリジナルアルバム全5枚にこのベストアルバムを合わせて
6枚もCDを持っていたが、初めて聴くならまずはこのベストアルバムをが良いのではないだろうか。

このアルバムの中のお気に入りはZombie、Animal instinct、Promises、Salvation、
Ridiculous Thoughts
あたり。

曲もいいし、ドロレスのヴォーカルもなかなか聴かせるいい感じだ。

2012年の今年はニューアルバムが発売されるという話もあるようなので、
これからも注目していきたい。


【収録曲】
1. Dreams
2. Linger
3. Zombie
4. Ode To My Family
5. I Can't Be With You
6. Ridiculous Thoughts
7. Salvation
8. Free To Decide
9. When You're Gone
10. Hollywood
11. Promises
12. Animal Instinct
13. Just My Imagination
14. You & Me
15. Analyse
16. Time Is Ticking Out
17. This Is The Day
18. Daffodil Lament
19. New New York (Previously Unreleased)
20. Stars (Previously Unreleased)






ブックオフオンライン

| Cranberries | 18:00 | コメントはこちらから:1 | trackbacks:1 | TOP↑

≫ EDIT

【DVD 6枚目】 California Jam / Deep Purple

California Jam

【タイトル】California Jam / Deep Purple
【邦題】カリフォルニア・ジャム / ディープ・パープル

Bookoffで面白いものを見つけた。

所持するCDやDVDが増えてくると、まるで図書館でもあるかのように
歴史的価値のあるものは持っておかなくとはいう変な意識が出来てくる。

先日も、それほど好きだというわけでもないのに、Yellow Magic Orchestra (YMO)
Solid State SurvivorがBookoffで250円で売られていたので買ってしまった。

当時あれだけのインパクトを世の中に与えたという意味で、好きとか嫌いとかいう
レベルを超えて、持っておかないといけないような変な使命感が生まれたのだ。

ディープパープルのこのDVDにしても、1974年の録音ということで、それをいくら
DVDにしたところで音が良くないことは容易に想像できた。

それでも、750円という安い値段にも後押しされて買ってしまったのは、
これも、歴史的価値のために持っておかないといけないという変な使命感が
働いたことは否めない。

今から37年も前の貴重なライブであるだけでなく、デイヴィッド・カヴァデールが
ヴォーカル時代の貴重な映像でもある。

音ははっきり言って、想像どおり良くないが、やはりこの映像は貴重。

私がまだ小学校へ行くか行かないかという時期に彼らが活動をしていて、
ここでも演奏されているSmoke on the waterなどの名曲がすでにこの世の中に
あったというのはとても不思議な感じがする。

私が本格的にハードロックを聴くようになったのはこの6年ほど後のことだが、
このDVDのリッチーは私が初めて見たリッチーの姿そのままで、このころから
全く変わっていない。

私の中では、ディープパープルと言えば、やはりイアン・ギランがいた第2期の
黄金時代だが、デイヴィッド・カヴァデールがいた第3期は衰退前の最後に
ディープ・パープルが輝いていた時代だったように思う。

もちろん、Burnは素晴らしい名曲だと思うし、デイヴィッド・カヴァデールの
ヴォーカルも好きだ。

ディープパープルを良く知らない世代がこのDVDを観て、我々の世代同様に
楽しめるとは思えないが、ハードロック、ヘビーメタルを語る上では
無視できない時代の作品で、歴史的な価値のあるDVDだと思う。



【収録曲】
1. Burn
2. Might Just Take Your Life
3. Mistreated
4. Smoke On The Water
5. You Fool No One
6. The Mule
7. Space Truckin'





ブックオフオンライン

| Deep Purple (DVD) | 07:44 | コメントはこちらから:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT

SEO対策:CD SEO対策:DVD SEO対策:レビュー SEO対策:評価 SEO対策:メタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。