CDレビューマラソン~家にあるCDを全部批評

家にあるCDをジャンルを超えて片っ端から独断と偏見でレビューするブログ。 J-POPからR&B、ロック、ヘビーメタルまで約2,000枚。毎日書いても4~5年かかる!?

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CD 107枚目】 TRICKY SISTERS MAGIC BURGER / 鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHES




【タイトル】TRICKY SISTERS MAGIC BURGER/鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHES

ネットで予約をして、発売日にこのニューアルバムが届いた。
便利な世の中になったものだと思う。

名義は『鬼束ちひろ & BILLYS SANDWITCHES』となっているが、実質的に
鬼束ちひろの7枚目のオリジナルアルバムということになるのだと思う。

このアルバムを聴く前、私の中にはひとつの懸念があった。
このアルバムタイトルとバンド名から、もしかするとこれまでの作品とは
全く異なる安っぽいロックアルバムになってはいないかということだ。

私は色んなジャンルの音楽を聴く。ハードロックからクラシックロック、ポップス、
J-POP。クラシックだって聴く。とにかくいい音楽ならジャンルを問わずに聴く。
安っぽいロックだって時には聴いている。

でも、私が鬼束ちひろに求めるものはそんなものではない。

そして緊張の1曲目。BILLYS SANDWITCHESのテーマ。
懸念していた雰囲気。このままアルバム1枚終わってしまうとかなりきつい。

2曲目のROAD OF HONESTYはアルバム『Las Vegas』に収録されている
ような雰囲気を持った曲。ひとまず、イントロの軽い感じのままアルバムが
進行しないことに安堵する。

3曲目のレディー・タイム・マシン・ブルースで再び軽い感じに変わるが、
4曲目のDreamer Sonic以降の中盤は再び鬼束ちひろらしい曲に戻り、
全般を通すと、充分に納得のいく内容だと思う

個人的な好みを言うと、BILLYS SANDWITCHESのテーマ、レディー・タイム・
マシン・ブルース、あなたとSciencEの3曲のような曲は、わざわざ鬼束ちひろが
歌う必要がないと思う。

まぁ、ただそれは単なる私の好みの問題で、鬼束ちひろがそういう曲を
やりたいのであれば仕方ないし、またそういう曲を求めているファンも
いるのかもしれないので、否定する気はない。

逆に、このアルバムを3回通して聴いた段階での一推しは、
I’m with your shadow。是非ともライブで聴いてみたいいい曲だと思う。




他にも最後のThe end of the flame of my eyesも、ピアノがとても
美しいいい曲だと思う。ただ、これも個人的な感想を言うと、
英語で歌う必要はないと思う。本気で英語のトレーニングをして
英語圏進出を目指すというのも、鬼束ちひろほどの実力があれば
ありだとは思うが、あの宇多田ヒカルでさえ、米国デビューとなる
アルバムを録音した時には英語の発音の矯正でかなり苦労したという
話があるほど、簡単なことではない。


最後に、これは鬼束ちひろのスタジオ録音のアルバム全てに
言えることだが、彼女の魅力であるライブの素晴らしさは
残念ながら伝わらない。

Infectionやeveryhomeなどのこれまでの名曲はスタジオ録音でも
その素晴らしさは分かるが、ライブでの凄まじい迫力を知ってしまうと
物足りなさを感じる。

このアルバムでも同じことが言えるのだと思う。

このアルバムの中には、ライブで聴いた方が、絶対に
良さそうな曲がたくさんある。おそらくは、これからライブで
演奏され、スタジオ録音の何倍もの魅力を発揮するのだろう。


ひとまず、期待は裏切られずに済んだ。

しばらくはこのアルバムが我が家のヘビーローテーションと
なるだろう。

【収録曲】
1. BILLYS SANDWITCHESのテーマ
2. ROAD OF HONESTY
3. レディー・タイム・マシン・ブルース
4. Dreamer Sonic
5. I’m with your shadow
6. Your Quiet Fantasia
7. MAD MAN
8. PSYCHO LADY’S RAIN
9. 祈りが言葉に変わる頃 (NAIL SCRATCH VERSION)
10. あなたとSciencE
11. The Way To Your Heartbeat
12. The end of the flame of my eyes










ブックオフオンライン
スポンサーサイト

| 鬼束ちひろ | 14:09 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【CD 102枚目】 剣と楓/鬼束ちひろ

剣と楓

【タイトル】剣と楓/鬼束ちひろ

ここ数年、CDを買うのは99%ぐらいBookoffの中古である私にとって、
新譜が出たらすぐに定価で買うのは鬼束ちひろぐらいだ。

今回も4月20日の発売日に間に合うように17日にamazonに発注したのだが、
届いたのはなぜか26日。

そんなわけで今日が6日目になるが、我が家では超ヘビーローテーションで
既に30回ぐらい聴いた。


体調の悪さでコンサートがキャンセルになるなど、音楽活動をまともに
出来るかどうかすら危ぶまれているだけに、鬼束ちひろがこうして
元気にアルバムを出してくれるだけで有難い。

そんなあまりにも大き過ぎる期待の中でこのアルバムを聴いた。

レコードの時代なら、針がレコードに降りて、音が出るまでの
緊張の一瞬があったが、CDには残念ながらない。

そうして聴いた1回目はあまりにあっけなく終わってしまった。

『えっ、これだけ?』というのが正直な感想だ。

第一印象としては何となくポップな曲が多くなったような感じで、
少し拍子抜けした。

しかし、聴きこむほどに、これがスタジオアルバムの限界で
あることに気が付いた。

以前から分かっていたことではあるが、鬼束ちひろの凄さは
その圧倒的なライブパフォーマンス。

そのパワフルなイメージが強い私にはどのアルバムからも、
力強さは伝わってこない。

このアルバムも例外ではない。

もともと、月光の素晴らしさからファーストアルバムを
手にしたときに、とてもいいアルバムだとは思ったが、
実際にここまで嵌ってしまう原因となったのはあるTV番組で
そのライブの様子を見てからだ。

神が舞い降りたかのように歌う鬼束ちひろの姿に
私は圧倒された。


ちなみに、つい先日久しぶりにスタジオ録音のinfection
聴いたが、やはり迫力が足りない。

ライブではとても印象的な名曲で、スタジオ録音のものも
充分にいい曲なのだが、ライブとは比べものにはならない。

そういう意味では、今回のアルバムの青い鳥、IRIS、琥珀の雪なども
是非ライブで聴いてみたい。

ライブの方が素晴らしいものになるのは間違いない。

こうして書いてみると、何だかこのアルバムに否定的に
聴こえるかもしれないが決してそんなことは無い。

鬼束ちひろが日本で最高のアーティストであることは
間違いないし、ただ単にスタジオ録音という壁が
壊せないだけだと思う。


【収録曲】
1. 青い鳥
2. 夢かも知れない
3. EVER AFTER
4. IRIS
5. 僕を忘れないで
6. An Fhideag Airgid
7. SUNNY ROSE
8. NEW AGE STRANGER
9. CANDY GIRL
10. 罪の向こう 銀の幕
11. WANNA BE A HAPPY WARRIOR
12. 琥珀の雪



ブックオフオンライン

| 鬼束ちひろ | 10:32 | コメントはこちらから:55 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【CD 90枚目】 Las Vegas / 鬼束ちひろ

Las Vegas / 鬼束ちひろ

【タイトル】LAS VEGAS / 鬼束ちひろ

正直なところ、鬼束ちひろについては冷静にレビューが出来ない。

あまりに好きすぎるからだ。

デビュー以来通算4枚目となるこのアルバムは、長い活動休止の後に
発売されただけに、もう以前のように歌えないのではないかという
声も囁かれた。

これまで何度か書いたとおり、彼女のライブの凄さを知る人からすれば、
彼女のスタジオ録音はいつも物足りない。ライブの圧倒的な迫力が
伝わらないからだ。

そんなことも手伝って、このアルバムの評価は決して高いものでは
なかった。

しかし、改めて聴いてみると、このアルバムも充分に素晴らしい
アルバムだと思う。ただ、スタジオ録音の限界があり、ライブと
同様の感動が得られないというだけだ。

おそらく鬼束ちひろのファンは彼女に求めるレベルが相当に
高いのだと思う。

鬼束ちひろは、このアルバムの発売以降に唯一開催された一夜限りのコンサート、
「NINE DIRTS AND SNOW WHITE FLICKERS」で健在ぶりを証明して見せた。

このときの模様はDVDとして発売され、チケットの抽選に漏れ続けた
私の宝物となっている。

とにかく、こんなに素晴らしいアーティストが日本に、いや地球上に
存在して、同じ時代を生きているということの喜びを他の人にも
感じてほしい。




【収録曲】
1. Sweet Rosemary
2. bad trip
3. 蝋の翼
4. 僕等 バラ色の日々
5. amphibious
6. MAGICAL WORLD
7. A Horse and A Queen
8. Rainman
9. Angelina
10. BRIGHTEN US
11. everyhome


ブックオフオンライン

| 鬼束ちひろ | 19:19 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【CD 38枚目】 インソムニア / 鬼束ちひろ

インソムニア / 鬼束ちひろ


【タイトル】インソムニア / 鬼束ちひろ


鬼束ちひろの衝撃のデビューアルバム。

衝撃と言えば、確かに衝撃的な鬼束ちひろのデビューであったが、
鬼束ちひろの本当の魅力からすると、これはただの序章に過ぎなかった。

ちょうど、宇多田ヒカルがデビューして、日本の音楽界にもようやく
アーティストと呼べる歌手が現れ始めた頃、職場のFMから流れてきた
月光に感動し、発売と同時にこのアルバムを手に入れた。

当時から、鬼束ちひろの書く詩の独特な世界観と、説得力があり
聴く者の心に響く表現力は印象的であったが、ライブでの
彼女のパフォーマンスの圧倒的な素晴らしさはこのアルバムでは
伝わってこない。

あの神が降りたかのような鬼束ちひろの歌はやはり、スタジオ
アルバムでは再現できないのであろう。

それはこのアルバムだけではなく、後の彼女のアルバム全てにも
共通して言えることだ。

私が物心ついて、ジャニス・ジョプリンの歌声に涙した時、
既にジャニスはこの世にはいなかった。

そのジャニスにも匹敵する唯一のアーティスト、
鬼束ちひろ。


彼女と同じ時代を生き、彼女の音楽に触れられることを
とても嬉しく思う。


【収録曲】
1. 月光
2. イノセンス
3. BACK DOOR(album version)
4. edge
5. We can go
6. call
7. シャイン(album version)
8. Cage
9. 螺旋
10. 眩暈
11. 月光(album version)


ブックオフオンライン

| 鬼束ちひろ | 19:22 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

【CD 9枚目】DOROTHY / 鬼束ちひろ

Dorothy / 鬼束ちひろ

【タイトル】DOROTHY / 鬼束ちひろ


鬼束ちひろ4THアルバム。

鬼束ちひろは新譜が出たら必ず買う、
今の私には稀少なアーティスト。

このアルバムの出来も素晴らしい。

しかし、いつも思うことではあるが、やっぱり鬼束ちひろの
魅力はスタジオアルバムでは伝わらない。


残念ながら生鬼束ちひろに触れたことがない私だが、
彼女のライブの凄さはこれまで数枚発売されている
ライブDVDでも充分に伝わってくる。

このアルバムは他のアーティストの作品なら、掛け値なしに
満足のいくものである。しかし鬼束ちひろのライブの迫力を
知っている私にはどこかもの足りなさが残るのも事実。

早く元気になって、これらの曲をライブで観てみたい。

このアルバムで私が好きな曲はストーリーテラー
帰り路をなくして、それに既にライブでも歌われた

インタビューによると、蛍というものを良く知らないで
の詩を書いたとのことだが、一編の短編小説に匹敵する
ぐらいの出来に仕上がっている。もちろん、曲も素晴らしい。


【収録曲】
1. A WHITE WHALE IN MY QUIET DREAM
2. 陽炎
3. X
4. ストーリーテラー
5. STEAL THIS HEART
6. I Pass By
7. 帰り路をなくして
8. Losing a distance
9. ラストメロディー
10. 蛍
11. VENUS


ブックオフオンライン

| 鬼束ちひろ | 11:55 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

SEO対策:CD SEO対策:DVD SEO対策:レビュー SEO対策:評価 SEO対策:メタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。