CDレビューマラソン~家にあるCDを全部批評

家にあるCDをジャンルを超えて片っ端から独断と偏見でレビューするブログ。 J-POPからR&B、ロック、ヘビーメタルまで約2,000枚。毎日書いても4~5年かかる!?

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CD 32枚目】Europe / Europe

Europe / Europe


【タイトル】Europe / Europe
【邦題】幻想交響詩 / ヨーロッパ

今改めてこのアルバムを聴いてみると、何のことはないのだが、
発売当時はそれなりの衝撃があった。

透明感のあるハードロック。

それまでには無かったタイプの音楽。
このアルバムこそがいわゆる北欧メタルという言葉を生んだのでは
ないだろうか。

中でも、In the future to comeSeven doors hotelは曲の展開も
印象的で、今でも名曲として残っている。

後の北欧メタルやメロディックパワーメタルと言われるバンドの多くは
多かれ少なかれこのアルバムの影響を受けていると思われる。

ハードロック/ヘビーメタルの教科書的に言うと、歴史の新しい
流れの分岐点となったアルバムだ。


聴いてみて損のないアルバムだ。



【収録曲】
1. In the Future to Come
2. Farewell
3. Seven Doors Hotel
4. King Will Return
5. Boyazont
6. Children of This Time
7. Words of Wisdom
8. Paradize Bay
9. Memories


ブックオフオンライン
スポンサーサイト

| Europe | 20:01 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

SEO対策:CD SEO対策:DVD SEO対策:レビュー SEO対策:評価 SEO対策:メタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。