CDレビューマラソン~家にあるCDを全部批評

家にあるCDをジャンルを超えて片っ端から独断と偏見でレビューするブログ。 J-POPからR&B、ロック、ヘビーメタルまで約2,000枚。毎日書いても4~5年かかる!?

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

| スポンサー広告 | --:-- | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

【CD 41枚目】 This is the one / Utada

This is the one / Utada

【タイトル】This is the one / Utada
【邦題】This is the one / 宇多田ヒカル

正直、微妙です。

このアルバムを単なる洋楽のR&B歌手の作品として聴けば、
充分に納得のいく一枚だと思う。とてもいい作品だ。

でも、このアルバムには宇多田ヒカルの良さが出ていない
気がする。もちろん、クレジットもUtadaで洋楽として
出しているから、違うのは当たり前と言ってしまえば、
それまでなのかもしれないが、なんかすっきりとしないものが
残る。

宇多田ヒカルの実力はこんなもんじゃないと思う。

Utada名義で出した前作Exodusでも感じたことだが、なんだか
海外進出を意識しすぎて、全く他所行きのものを作ろうとして
本来の良さが消えてしまっているように感じられる。

まるで関西ローカルで人気のお笑い番組が全国放送に切り替わるときに、
変なアレンジをして全く面白くない番組に変わってしまうのと同じ
ような感じがする。私はこのアルバムを聴いて、その昔、関西ローカルで
やっていた「突然ガバチョ」というとても面白かった大人気番組が、
全国放送になった瞬間に変なアレンジがされて、全く面白くなくなって
放送打ち切りになったことを思い出した。

このアルバムがそこまで酷いとは言わないが、宇多田ヒカルの個性が
失われ、普通のR&B歌手になってしまっているのが、私には残念だ。

これなら、デビューからの3作ぐらいを単に英語の歌詞にして、
発売した方が、海外でも受けるように思うのは私だけだろうか?


【収録曲】
1. オン・アンド・オン
2. メリークリスマス・ミスター・ローレンス-FYI
3. アップル・アンド・シナモン
4. テイキング・マイ・マネー・バック
5. ディス・ワン(クライング・ライク・ア・チャイルド)
6. オートマティック・パートII
7. ダーティー・デザイア
8. ポッピン
9. カム・バック・トゥ・ミー
10. メ・ムエロ


ブックオフオンライン
スポンサーサイト

| Utada | 17:54 | コメントはこちらから:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |

SEO対策:CD SEO対策:DVD SEO対策:レビュー SEO対策:評価 SEO対策:メタル
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。